•  > 
  • ダイエット加圧

加圧トレーニングの効果とは?

加圧トレーニングを行うと血液中の乳酸濃度が急激に上昇します。加圧時に高まった乳酸が筋肉内にあるレセプター(受容器)を刺激して脳の視床下部にある脳下垂体から成長ホルモンの分泌を促進させます。

若返りホルモンともいわれる成長ホルモンの増大により、体脂肪の分解が促進され、太りにくい体となり、ダイエット効果を増大させます。さらにはアンチエイジング効果(若返り、美肌、身長が伸びる、育毛、老化防止、肥満改善、長寿効果)も期待できます。
研究結果によると、加圧トレーニング時にはこの成長ホルモンが安静時の約100倍にも増加され、その後最大約290倍もの成長ホルモンが分泌されたと報告されています。(終了後15分程度で成長ホルモンの分泌がピークに達します。)
さらに1時間後には脂肪の分解が開始され約2時間後にピークを迎えます。
その後2~3時間後には筋肉合成が開始され1~2日で完了されます。

加圧トレーニングをする事により一時的に血流が減少した状態になります。すると脳は危機を感じて、血流を増やすよう心臓に指令を出します。その結果、血流量や毛細血管の数が増え、血行がよくなり、冷え性や肩こりなどの不調改善につながります。

2種類の筋肉が鍛えられる!?
筋肉は主に瞬発的な速筋と持続的な遅筋の2種類に分かれます。通常、速筋は重い荷重のトレーニングで鍛えられ、遅筋は軽い負荷のトレーニングを長時間続ける必要があるため、通常2つの筋力を同時に鍛えることはできません。
しかし加圧トレーニングでは、加圧しているために血流量が充分ではなく、まず活動を始める遅筋の酸素がすぐに足りなくなります。これは、大きい負荷の運動を行っているのと同じ状態を人工的につくり出しているということです。そのため通常はなかなか活動を始めない速筋が大きい負荷を受けたと錯覚して、すぐに活動を開始するよう指示を受けます。一般的には、軽い負荷では速筋はトレーニングできませんが、加圧トレーニングでは軽めの負荷でも速筋と遅筋の両方を鍛えることができるのです。

加圧トレーニングでは、身体作りがメインで、痩せやすい身体、太りにくい身体になるのは上記で解って貰えたと思います。
ダイエットには、有酸素運動が必要と様々な媒体で言われていると思います。

高精度体組成計BOKAにて、カラダバランスを、測定します

基礎代謝量は以下の計算式で求められます。
体重×22×活動量(1.0,1.25,1.5)
この結果から、代謝量を上げる為には活動量を上げなければいけません。
実際に他で加圧トレーニングをしても、痩せない等の声を聞きますが、安心してください。
からだLab東京では、元キックボクサーのセラピストによる、ボクササイズ、レッドコードトレーニングを取り入れることにより、有酸素運動を実現し脂肪を効率よく燃焼、ストレス発散まで出来ます。

また医療系国家資格者によるセラピーや食事指導も行う事により相乗効果が期待出来ます。
歪みを整える事により更なる綺麗なパーフェクトなカラダにしあげてゆきます

加圧トレーニングの流れ

バイタルチェック(SPO2、血圧、脈拍)※トレーニング前後で測定

上半身トレーニング

下半身トレーニング