•  > 
  • メディカルマッサージ

メディカルマッサージ

辛い症状はもみほぐしたら良いと思っていませんか?
答えは違います。
体の辛さを作ってしまう原因には以下の3つがあります。

  1. こり・・・硬結
  2. つっぱり・・・萎縮
  3. 緊張・・・高トーヌス

揉みほぐしが適応になるのは・・1の硬結のみです。
つっぱりや緊張には、「柔軟性低下(筋肉が本来持つ、伸びる能力(伸長性)を失っている状態 )」、「筋力低下(神経伝達がうまくいっていないため、筋肉が本来の100%の力を出せず、力が入りづらい状態)」など異なる要因が背景にあることが多く、柔軟性低下にはストレッチ、筋力低下には 筋トレ、などそれぞれ対応も異なります。
つっぱりや緊張の例として「猫背」がありますが、同じ猫背でも柔軟性低下が原因になることも筋力低下が原因のこともあり、猫背筋の方向、強弱、浅深の目的をしっかり把握して施術行わないと効果は出ません。

筋肉には皮膚表面近くにある表層筋と身体の奥にある深層筋があります。
表層筋は触れる事が出来る筋肉で、強力な力を発揮する際に使います。
深層筋は触れる事ができず、姿勢の維持・関節の安定する際に使います。
結果、揉みほぐしだけでアプローチできる浅層筋だけでは、一時的には楽にはなりますが、根本的な改善にはなりません。
例えば肩甲骨には筋肉が18種類 付着しています。

メディカルマッサージでは浅層筋はマッサージ・深層筋はオリジナルの矯正・運動療法で肩甲骨を正しい位置に戻します。

結果、姿勢が良くなり、肩こりもなくなり、呼吸が吸いやすく私生活が快適になります。

【メディカルマッサージ】は国家資格者にしか行えないマッサージと言えます。
国家資格を持ったスペシャリストのメディカル理論は、安全に効果的に体を強くします。

こり、緊張、硬結など体の状態にあったマッサージなどを行うことで、日々の辛い症状が改善されます。姿勢が良くなり、呼吸がしやすくなることでコリや痛みだけではなく、冷えや浮腫み、睡眠の質なども改善されて将来的な体の負担が減ります。

今在の辛い症状を改善して、何年後もよい状態が保てるようにしていきましょう